top of page

【インド みんなの学校】インド 児童労働をなくすための学校 -再開しました!-

更新日:2023年5月1日


インドは世界でも最も児童労働が多い国だと言われています。


インド政府は1988年にNational Child Labour Project (NCLP) 開始し、全国に6,000校ものノンフォーマル教育を提供する学校を、地域コミュニティ主導のもと設置しました。児童労働をなくすべく、公立の学校にアクセス出来ない子どもを対象に補助的な教育機会を提供しました。これによって、これまで家事を含めた労働に従事していた多くの子どもたちが、学校に通うことが出来るようになりました。

しかし、2022年、インド政府はNCLPの完全終了を宣言し、インド全土のNCLPスクールが閉鎖されました。多くの子どもたちは公立の学校へ編入する間も無く、学校へ行くことが出来なくなりました。


イマジナスは2022年8月より、これまで活動を支援していたNCLPスクールのうち4校を選定し、再び開校することにしました。運営主体は現地提携NGOで、イマジナスは各学校運営に必要な最低2名の教育者の雇用と研修、教科書や学用品等をサポートしています。インド政府は継続して給食の提供を行っています。

詳しくはこちら


今後、開校する学校を6校まで増やすことで、現在教育機会を提供している約120名の子どもたちの数を、200名に増やしていきたいと考えています。


尚、2022年度の開校にあたって、広島国際センター(HIP)の草の根国際協力助成金を頂いております。事業費用の半額を補助して頂くことにより開校が可能になりました。


最新記事

すべて表示

ご寄付の御礼と現地入り(能登半島地震 災害復興基金)

2024年1月1日に発生した能登地方の地震災害への当団体の支援活動を開始するにあたり、ご寄付のお願いを掲載させていただきました。 1月31日に受付を締め切り、合計38,000円のご寄付を頂戴致しました旨をご報告致します。 あたたかなご支援に、心より御礼申し上げます。 なお、本HPへのお名前掲載に代えて、別途個別の御礼ご連絡を差し上げております。 第一弾の活動として、2月23日から25日の3日間で石

●能登半島地震 災害復興基金へのご協力のお願い

能登半島地震 災害復興基金へのご協力のお願い この度の能登半島地震に伴い、現在イマジナスでは被災地に支援を届ける準備をしております。今後状況が整い次第、災害復興隊の派遣(2月に第1次隊を予定)、必要物資の調達と手配、協力団体への支援などを行いたいと考えております。 つきましては、災害復興基金を設立し、皆さまにご寄付を呼びかけております。 ご賛同いただける方は、下記NPO法人IMAGINUSの口座へ

Comments


bottom of page