top of page

ネグロス インターン体験記 2023 -ソーシャルビジネス立上げ!-

2023年3月にネグロス島でインターンに当たったTaekoさんの体験記です。

飛行機の着陸時、緑に覆われたネグロス島へ近づくにつれ、私はジュラシックパークに来てしまったと思った。日本にはない背丈の高い木々のジャングルや日本人とは少し異なる東南アジアの特徴を持つ人を目にした時の異国感がそう思わせたのだと思う。そんな異国感にわくわくしながら、初めてのソーシャルビジネスインターンが始まった。


IMAGINUSのインターンは主体的に活動させていただけることが多く、プロジェクトリーダーのJanさんとディスカッションしながら、プロジェクトプランの作成や現地調査を行った。チャレンジ精神が強く経験豊富なJanさんの話のネタはどれもドラマチックで有意義で、ビジネスだけでなく人生の教訓まで学ばせてもらった。


<手に入れたカカオでチョコレートを試作する>

また、現地に足を踏み入れなければ知らなかったソーシャルビジネスの難しさを学んだ。貧困層の人を救うためのビジネスであっても、最も貧しい人に手を差し伸べようとするとコストがかかる。そのため、ビジネスとして成り立たせるためには、ビジネスデザインに工夫を施したりやプロジェクトにおける優先順位を考慮しなければいけないということである。一見当たり前のような話ではあるが、現地で学ぶことによって自己の価値観や自分の将来どうありたいかと深く向き合うことができた。


東京の忙しない空間に閉じこもっていては感じることのできない、荘厳な自然の美しさやゆったりとした時間の流れ、そしてフレンドリーな国民性はネグロス島の歴史、伝統文化、地理的な要因が影響して生まれた、ネグロス島にしかない空気であると思う。


今回、ネグロス島で受けた刺激は、自らの将来を切り開く鍵になったと心から思う。これからさらに世界に飛び出して探求を深めたいと思う。



最新記事

すべて表示

ご寄付の御礼と現地入り(能登半島地震 災害復興基金)

2024年1月1日に発生した能登地方の地震災害への当団体の支援活動を開始するにあたり、ご寄付のお願いを掲載させていただきました。 1月31日に受付を締め切り、合計38,000円のご寄付を頂戴致しました旨をご報告致します。 あたたかなご支援に、心より御礼申し上げます。 なお、本HPへのお名前掲載に代えて、別途個別の御礼ご連絡を差し上げております。 第一弾の活動として、2月23日から25日の3日間で石

●能登半島地震 災害復興基金へのご協力のお願い

能登半島地震 災害復興基金へのご協力のお願い この度の能登半島地震に伴い、現在イマジナスでは被災地に支援を届ける準備をしております。今後状況が整い次第、災害復興隊の派遣(2月に第1次隊を予定)、必要物資の調達と手配、協力団体への支援などを行いたいと考えております。 つきましては、災害復興基金を設立し、皆さまにご寄付を呼びかけております。 ご賛同いただける方は、下記NPO法人IMAGINUSの口座へ

Комментарии


bottom of page